写真       観光地の位置と距離        問い合わせ       Tour Reservation


Language - English  Language - Japanese           

 

一般情報

 

国名 :UNION OF MYANMAR(ミャンマー連邦)
首都 :ネピィトー(NAYPYITAW)※※※2006年より
(旧首都のヤンゴンYANGONは商業大都市に変わる)
面積 :678,500平方キロ、日本の約1.8倍。北緯10度から28度に渡って東にはタイとラオス、北と東には中国、西にはインドとバングラデシュ五つの国と国境を接しています。
人口 :約5500万人(2007年)、ヤンゴン管区の人口は約500万人。(2007年)
民族 :ミャンマーは135の少数民族で構成されている多民族国家です。総人口の70%をビルマ族が占め、その他シャン族、カチン族、カレン族、チン族、モン族、ラカイン族などこの全ての民族をミャンマーと総称されています。

ビルマ族 

カレン族

カチン族

モン族

パオ族

パダウン族〈首長い族〉

ワ族

 シャン族
宗教

:人口の約80%は小乗仏教。

                                   

言語 :ミャンマーの公用語はビルマ語です。それぞれの州には約100種類の言語と方言が使われています。
気候 :ミャンマーはほぼ全土的に熱帯モンスーン気候で明確に署季(SUMMER SEASON)、乾季(DRY SEASON)、雨季(RAINY SEASON)3つの季節に分かれています。
    暑季:3月~6月初旬
    雨季:6月中旬~9月
    乾季:10月~2月

月平均気温

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

ヤンゴン

24.3

25.2

27.2

29.8

29.5

27.8

27.6

27.1

27.6

28.3

27.7

25.0

マンダレー

20.2

23.1

27.5

31.8

30.9

29.6

29.5

28.6

28.8

28.1

25.1

25.1

インレー湖

13.9

16.2

20.3

23.2

22.1

21.1

20.8

20.7

20.9

20.2

16.7

14.3

 

服装
ヤンゴンは一年を通して半袖のシャツで過ごせますが1月から2月のあたり、乾季の夜は涼しくなります。
乾季にシャン高原にあるインレー湖へ出かける場合は、セーターやジャケットが必要です。
時差 :日本との時差は2時間30分、例えば日本時間正午12時はミャンマー午前9時30分。
通貨 :ミャンマーで使用されている通貨はチャット(KYAT)と外国人が用いる兌換券(FEC)がありす。
    1FEC=1US$として扱われる

クレジットカード:   2007年現在、全てのクレジットカートがほぼ使用不可能となっております。

トラベラーズチェック(T/C): T/Cの使える場所は限定されており、現金への両替は国営銀行しかできません。

電圧 :220V、50Hz、日本からの電気製品は変圧器が必要。
交通 :ミャンマーの交通は日本とは逆に右側通行です。ルールを守らない路線バスの運転手が
多く車優先のように思われます。車から降りる時、又は道路を横断されるときは車にご注意下さい。
飲料水:水道の水は飲めませんのでお湯又はミネラルウォーターをお勧めいたします。
       ミネラルウォーター料金1本=町の雑貨店 約250チャット、ホテル約US$2~3.
トイレ :ホテルでは殆ど洋式のスタイルですが町のレストラン(特に地方)ではビルマ式のシャガムスタイルが多いです。
 あまり清潔ではないところもありますのでウェットティッシュあると便利でしょう。
両替 :ミャンマーではUS$が主流です。
市内レストランでの飲み物代、チップ、パゴダ又はお寺でのカメラ代は現地通貨(チャット)を使いますので多少の両替が必要でしょう。痛んでいたり、汚れていたりのUS$紙幣は使えません。
ビザ :ミャンマーへ入国するにはビザが必要です。ビザの有効期限は発給日から3ヶ月以内で
入国後の滞在可能日数は4週間です。
空港税:ヤンゴン国際空港出国税US$10.が必要です。US$のみですので他の通貨は使用できません。
      ※国内線は空港税ありません。

ミャンマー略史

8世紀  イラワジ川中流にピュー族の王朝が起こる。
9世紀 ビルマ族がパガン王朝を建設。
11世紀(1044~1084) 1044年にアノーヤター王即位。
1057年にアノーヤター王がモン族の都タトンを制圧し、全国を
統一し王朝をパガンに築く。
1084年に3代のチャンシッター王即位。数多くのパゴダを建設。
13世紀 フビライ・ハンの派遣したモンゴル軍の攻撃によりパガン王朝崩
壊する。その後、ビルマ、モン、シャン各族の小国対立が続く。
14世紀(1312~1364) シャン族がピンヤに王朝を起こる。15年後にはサガインに遷都。
1364年にピンヤとサガインはインワに統合される。
15世紀 シャン族に追われたビルマ族はタウングーに逃がされ、しだいに
勢力を盛り返しタウングー王朝を起こる。
16世紀 1531年にタウングー王朝第3代のダピンシュエティー王が全国統一する。
17世紀 ビルマ族はタウングーよりインワに遷都。(第2次のインワ王朝)
18世紀(1752~1755) 1752年にモン族の攻撃によりインワが陥落し、タウングー王朝は滅亡。
1755年アラウンパヤーが指揮するビルマ族がインワを取り返す。
全国を統一し、アラウンパヤー王がゴンパウン王朝を建てる。
モン族を撃破したダゴンの地を占拠し、ヤンゴンと改称。
19世紀(1824~1886) 1824年ゴンパウン王朝とイギリスの紛争が始まる(第1次英・緬戦争)
1852年第2次英・緬戦争でイラワジデルター帯(パゴー地区)を
イギリスが一方的に英領として編入しヤンゴンに官庁を置く。
1857年ゴンパウン王朝が首都をアマラプラからマンダレーに遷都。
1885年第3次英・緬戦争で最後の王ディボーがインドに連行され、ゴンパウン王朝滅亡。
1886年1月01日よりイギリス植民時代が始まる。
20世紀(1942年~ ) 1942年日本軍のビルマ進出。
1944年抗日運動が起こる。
1945年再びイギリス領に。
1947年アウサンサン将軍暗殺される。
1948年ビルマ連邦共和国として独立。ウーヌが初代首相に。
1962年ネーウィン国軍最高司令官がクーデターに成功し、革命
評議会及び革命政府を樹立する。ネーウィン将軍の社会主義政策が始まる。
1988年学生を中心にした民主化デモが全国的に発展し、ネーウィン議長が退陣。
ソーマウン国軍司令官率いる国軍は政権を掌握。
軍の幹部から構成される国家方秩序回復評議会(SLORC)を
設置し、ソーマウン国軍司令官が議長に就任。
1989年国名を「ミャンマー連邦」に改称。
1990年複数制度による総選挙を実施。国民民主連盟が圧勝。
1992年タンシュエ副議長が議長に就任。
1997年~国家平和・開発評議会に改称。

 

 
 

ホーム    会社案内    モデルコース      現地発着ツアー       ミャンマーハイライト      ホテル    
ミャンマー旅行情報    Tour Reservation    写真       地図       問い合わせ      

Global Travel Service Co., Ltd.  (ミャンマートラベル)

No. 206/207, 2nd Floor, Olympic Tower, Corner of Mahabandoola Rd & Bo Aung Kyaw St, Kyauk-ta-da TownshipYangon, Myanmar. Tel: (+951) 392537, 243123, 706363 Fax: (+951) 392653, 249609
E-mail: ,,   Internet : www.gtstourmyanmar.com

 

Web Developer: Myanmars.NET, Yangon, Myanmar.     Copyright 2008 by Global Travel Service Co., Ltd.